メイン

2007年1月23日

FX体験16日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第16日目。

バーチャル残高:5,874,610(+60,511)
ランキング:910/24,201位(↑200)

為替レート
ユーロ/円  157.07→157.44
ユーロ/ドル 1.2949→1.2940

注文内容
なし

残高
ユーロ/円  200,000
ユーロ/ドル 200,000

今日までしばらく放っておいたけれども、土日をはさんでいた成果あまり動きがなかった。残高がほとんど変わっていないのにランキングが大きく動いていたところを見ると、ランキングの集計にタイムラグがあるのかもしれない。

なぜかチャートが表示できないので、今回も注文を見送ることにした。

2007年1月18日

FX体験12日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第12日目。

バーチャル残高:5,814,099(+502,794)
ランキング:1,110/24,101位(↑42)

為替レート
ドル/円    120.55→121.27
ユーロ/円  155.85→157.07
ユーロ/ドル 1.2921→1.2949

注文内容
通貨ペア   注文金額 取引金額 注文内容
ドル/円    121.27   300,000  売(成行)

残高
ドル/円    300,000
ユーロ/円  200,000
ユーロ/ドル 200,000

利上げ見送りを受けて、円が売られた模様。昨日買い付け余力限界まで買っていたこともあって、10%近く残高を増やした。ドル/円は下降気味なので売却することにした。

2007年1月17日

FX体験11日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第11日目。第10日目はユーロ/ドルに若干の売りのサインが出ていたものの利益確定売りするのは差益が少なすぎたので放置しておいたのだが・・・

バーチャル残高:5,311,305(-107,671)
ランキング:1,152/23,963位(↓31)

為替レート
ユーロ/ドル 1.2965→1.2921

注文内容
通貨ペア   注文金額 取引金額 注文内容
ドル/円    120.55   300,000  買(指値)
ユーロ/円   155.85   200,000  買(指値)

残高
ユーロ/ドル 200,000

昨日の売りのサインがまさに当たった格好だ。売買において重要なことは欲張らないことだと改めて認識させられた。ドル/円、ユーロ/円いずれも買いのサインが出ていたのでそれぞれ現状のレートより少し安い価格で指値注文した。

2007年1月15日

FX体験9日目

昨日は全世界で取引所がお休みのため、一切値動きはありませんでした。というわけで、
セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第9日目。

バーチャル残高:5,382,437(+101,839)
ランキング:1,119/23,763位(→0)

為替レート
ユーロ/ドル 1.2919→1.2936
ドル/円    120.30→120.50

注文内容
通貨ペア   注文金額 取引金額 注文内容
ドル/円    120.42   200,000  売(成行)

残高
ユーロ/ドル 200,000
ドル/円    200,000

購入したユーロ/ドル、ドル/円いずれも値上がりとなった。つまり、円が全面安になったわけだ。
この傾向は今年中盤ぐらいまで続くというアナリストの見方もあるようだ。当てになるかどうかはわからないが・・・ただ、ドル/円は下降トレンドが出ていたので、早くも利益確定売りを行った。
ところでなぜこのシステムで提供されているグラフには売買対象になっているスイスフランや、ランド、香港ドルがないんだろうか・・・??

2007年1月13日

FX体験7日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第7日目。

※6日目は帰宅しなかったので、つけられませんでした。ご愛読されている方、すみません。。。

バーチャル残高:5,280,598(-9,232)
ランキング:1,119/23,763位(↓203位)

為替レート
NZD/円    83.09→83.10
ユーロ/ドル 1.2924→1.2919

注文内容
通貨ペア   注文金額 取引金額 注文内容
NZD/円    83.15   100,000  売(指値)
ドル/円    120.30   200,000  買(指値)

残高
NZD/円   100,000
ユーロ/ドル 200,000

土曜日だから取引量が少ないのかほとんど動きがありません。ただ、やっぱりユーロ高の影響で残高が大幅に目減りしてしまっている。1/4からずっと下がり続けているので、結構つらい。
でもグラフは上昇傾向にあるので、今後に期待したい。

NZD/円を成行で売却しようとしたら時間外だと怒られてしまった。逆指値売却が出来るから、移動平均線を突き抜けた場合に急な値動きが予想されるときは念のため仕込んでおいたほうが安全なようだ。

2007年1月11日

FX体験5日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第5日目。

バーチャル残高:5,289,830円(+4,400)
ランキング:916/23,639位(↓100位)

為替レート
NZD/円    82.23→83.09
ユーロ/ドル 1.2953→1.2924

注文内容
なし

残高
NZD/円   100,000
ユーロ/ドル 200,000

ユーロ高が続いている影響で、ユーロ/ドルが底なし沼状態。底値で買ったつもりなのに更に値を下げていて、NZD/円の値上がりの大部分を食いつぶしてしまっているようだ。それにしても1日で順位が100位も下がるなんて、恐るべし。。。残高が減っているわけじゃないんだけどなぁ・・・

2007年1月10日

FX体験4日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第4日目。

バーチャル残高:5,285,430円(-53,570)
ランキング:816/23,567位

為替レート
NZD/円  82.61→82.23

注文内容
通貨ペア   注文金額 取引金額 注文内容
ユーロ/ドル  1.2953  200,000  買 
※買い時に達したため

残高
NZD/円 100,000

とくかくFXは値動きが激しい。株のように1日のスパンで考えることはもしかしたら出来ないのかもしれない。1日の中で買い時と売り時が発生しているようだ。ユーロ/ドルが底値になったようなので、購入してみることにした。ただ通常注文においては成行注文というのが出来ないらしい。なぜ出来ないのかは調べてみることとする。

2007年1月 9日

FX体験3日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第3日目。

バーチャル残高:5,339,000円(+250,000)

為替レート
ユーロ/円 154.21→155.27
豪ドル/円 92.60→93.26
NZD/円  81.52→82.61

注文内容
通貨ペア  注文金額 取引金額 注文内容
ユーロ/円  155.21  100,000  売(成行) 
豪ドル/円  93.19   100,000  売(成行)
※いずれも下で示す売り時に達したため

残高
NZD/円 100,000

日本市場がオープンして一気に円売りが加速している形。正直1日で25万円も動くとは思わなかった。
これがリアルマネーだとすれば嬉しいような、恐ろしいような・・・

グラフ表示は60分足にして、ローソク足表示をしています。
そこに移動平均を加えると、売り時、買い時が良くわかります。

買い時
ローソク足が移動平均線のいずれも割り込んだところで、ローソク足が赤くなり、細い線が上下同じ長さになったとき

売り時
ローソク足が移動平均線のいずれも上回ったところで、ローソク足が青くなり、細い線が上下同じ長さになったとき

ローソク足が上下同じ長さになるということは市場の迷いを示しています。
つまり売りと買いが同じだけ作用して、均衡を保っているのです。そういう時は往々にして、太い部分が非常に短いことがあります。そうなるとほとんどの確率で市場の転機を示すことになります。

確実とはいえませんが、大きな判断材料であることは間違いありません。皆さんも一度試してみてください。

2007年1月 8日

FX体験2日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第2日目。

バーチャル残高:5,089,000円(+89,000)
1日目で注文していた内容はすべて約定済み

為替レート
ユーロ/円 154.00→154.21
豪ドル/円 92.30→92.60
NZD/円  81.30→81.52

注文内容
なし

残高
ユーロ/円 100,000
豪ドル/円 100,000
NZD/円   100,000

ローソク足がまだ買い時を示しているものではない点がやはり的中し、午前中はかなりマイナスになっていたが、午後になって戻してきたようだ。

FX体験1日目

セントラル短資のFX1ではじめるFX体験の第1日目。

バーチャル残高:5,000,000円
注文内容

通貨ペア 注文金額 取引金額 注文内容
豪ドル/円 92.30   100,000  買
NZD/円   81.30   100,000  買
ユーロ/円 154.00   100,000  買

いずれも20日移動平均線を10日移動平均線が割り込んでいる買い時のものをセレクトしてみた。
取引金額は相手通貨量なので、同じ金額ではない。
ローソク足がまだ買い時を示しているものではない点が気になるところではあるが・・・