メイン

2016年12月30日

ふるさと納税で節税する

金利がほぼつかない中で、支出をできるだけ減らすためには、賢く節税することが重要。
今日は、ふるさと納税を利用した節税方法について。

ふるさと納税は、寄付金控除の仕組みを活用した節税方法である。
基本的には、ふるさと納税した分について、所得税、住民税より所得控除されるものであるが、
寄付金額 - 2,000円が寄付金控除になるので、ふるさと納税では、合計で2000円以上の価値があるお礼の品が受け取れる場合に活用したい。

自治体が5か所以内であればワンストップ納税という仕組みを使えるので、確定申告は不要。
(ただし、マイナンバーの通知が必要なので、面倒といえば面倒)

確定申告自体もインターネットを通じて申告書を作成することさえできれば、税務署での手続きはほとんどないので、
医療費控除の対象など確定申告対象の該当があるのであれば、ぜひ活用したい節税方法である。

2009年7月 1日

商品の底値がわかるサイトリリース

商品の価格を比較して最安値がわかるサイトをリリースしました。
現在、最大32店舗の価格が表示できるようになっており、いろいろなサイトを見て歩かなくても最も安い価格で購入できます。

サイトはこちらから >> http://price.zaiteku.jp

2008年6月 1日

炊き立てご飯 保温する?それとも

日本人の食卓に欠かすことのできないもの。

それは。。。

「ご飯」
面倒くさがりの筆者は大量に炊いて保温し続けておりました。

ちょっと調べてみたところ、驚愕の事実がっ!!

保温時間が6時間半~7時間程度になると、新たに炊きなおした方が安上がりらしい。
1合の米を冷蔵→レンジでチンをすると2時間半保温しているのと同等程度の電力消費。
冷凍すると1合の米をレンジでチンするのに必要な電力は保温12時間程度。

つまり、ご飯は食べきれるだけ炊いて、どうしても残ってしまったときは冷蔵。
これが一番節約になるみたいです。

筆者もどうせなら炊きたてご飯が食べたいので、早速実践してみようと思います。

2008年5月29日

ペットボトル辞めてみようか

筆者は仕事中ガンガン飲みます。

朝 甘いコーヒー、午前中に2本ブラックコーヒー
昼休みにお茶
午後甘いコーヒー、終業までに2本ブラックコーヒー
一日の缶ジュース・ペットボトル代が6百円です。

20日働くとしてなんと1万2千円が飲み物になっているわけです。

これは勿体ない。
一日1本にすることで月2千円まで83%OFF。

いやいや、そんなことわかってるよ。という人は多そう。
ついつい飲んでしまう人はコンビニで紙パックのお茶を買おう。
1リットルで100円なので、大分安く済むはず。

そもそも、お茶を自分で沸かして持っていけば、セブンイレブンのオリジナル商品のお茶(100円)
と比べても月2000円は節約できます。

ウーロン茶のティーパックは高くても一袋10円程度。
参考:http://www.rakuten.co.jp/onestep/547716/549331/593700/
一袋で5リットルは楽勝で作れるので、これはもう比べ物になりませんね。

自分に言い聞かせるようですが、ペットボトルなどを愛飲する人の中にはペットボトル症候群に
なってしまう人も少なくないようです。
体を壊しては節約もなにもありませんが、自分でお茶を沸かしてもっていく分には財布にも、
そして体にもいいこと尽くめなこと間違いなしですね。

筆者は今日お茶のパックを買ってきました。
早速明日から節約生活です。

wiki:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

2008年5月21日

携帯のお得~パケット通信料au編~

auの携帯を使用している人で、パケット割を適用していない人に朗報です。

「あ、今月使いすぎ」と思ったら、パケット割を申し込みましょう。
すると当月分をさかのぼって割引適用となります。(2008年3月現在)

携帯の料金はなかなかバカにならないもの。
小さな節約でこつこつ資金を貯めて、大きな投資につなげましょう。

2007年3月26日

一年払いで安く~NHK受信料~

地上はカラー受信料は2ヶ月ごとに¥2,690で、年間にすると¥32,280。

ところが年間を一括で支払うと年¥14,910となり¥1,230お得。

小さな節約でこつこつ資金を貯めて、大きな投資につなげましょう。

一年払いで安く~国民年金~

通常の12回の分割払いでは一月¥13,860。年間では¥166,320となる。

これを一括納付書で支払うと(4月)¥163,370となり、¥2,950お得。

小さな節約でこつこつ資金を貯めて、大きな投資につなげましょう。

2007年1月10日

ポイントを有効活用しよう!

ポイントについて考えてみます。
財布のカード入れを見てみて下さい。
ポイントは貯まっているけれど、使う予定がないポイントカードはありませんか?
もしくは少しのポイントが貯まっているカードが複数枚あるなんて事があるかもしれませんね。

そんな時は下記で紹介するGポイントで利用頻度の高いお店のポイントと交換してしまうのが吉。

Gポイントは眠ったままのポイントを有効利用できるお得なサイトです。

例えば引越した事であるショップに行く機会がなくなってしまったA君がいたとします。
Gポイントを利用してあるショップのポイントをGポイントに変換→ビットワレット(お財布ケータイについているEdyの推進会社ですね)のEdyポイントに交換→Edyでおにぎりを買うなんて使い方ができるわけです。

ポイント交換の際にロスが発生することもある(1ポイント=1Gポイントとならないもある)ので、ポイント交換は慎重に!
会員登録や資料請求、メール受信やゲームをする事でもGポイントが付与されます。
長く使えば使うほどお得度の上がるサイトと言えるのではないでしょうか。

ポイントは現金と同じように大事に扱う必要があります。
IR資料を見てみると2006年度のある家電量販店のポイント引当金は約2%です。
5%~18%のポイントサービスをしている家電量販店ですら2%の引当金でこと足りるわけです。
…ということはかなり多くの人が非常に多くのポイントを失効させているという事ですよね。

ポイントサービスは一見ポイントが付与されて「得したなぁ」と思いますが、最終的に使わなければお金を捨てているのと同じという感覚を持つことが大切です。

…ということでGポイントはやっぱりお得なサイトなんだなぁと思った次第です。
こういうところに目をつけられる人間になりたいものですね。

※ 引当金…将来必要となるであろう費用を見越して事前に取り起きしておくお金

続きを読む "ポイントを有効活用しよう!" »

2006年12月 7日

ソフトバンク携帯を安く買う(無償で修理する)

MNPの結果が出ましたね。KDDIの一人勝ちだそうです。

ところで、ソフトバンクアフターサービス(現:スーパー安心パック)に1日だけ入ってすぐに解約すれば、携帯電話を安く購入できたり、スーパー安心パックの場合には無償保障以外の修理でも無償修理できる。ただし半年の再契約が出来ないので、半年以内に再契約するシチュエーションに遭遇しないことが前提になりますが。。。

2006年12月 6日

えきねっと割引

JR東日本管内の新幹線をえきねっとで予約すると片道100円以上安くなる。また、指定券1枚あたり20ポイントのえきねっとポイントが加算され、特典に交換できる。

またパソコンの場合には、発売前に予約が出来るので、年末年始の場合にはみどりの窓口に並ぶといった必要がないので便利だ。

【メリット】
・指定席で20ポイント、グリーン席で40ポイント、JAL航空券購入だと500円で1ポイントなので出張が多い人にはオススメかもしれない

【デメリット】
・有効期限が1年間しかない。交換できるものといえば、400ポイントの1000円分びゅう商品券かオレンジカードといったところだがおそらく片道1万円分の旅程を10往復しなければならないことになり、少しきついかもしれない。一応1ポイントからビューサンクスポイントへ移行できるので、VIEWカードがあればいいのかもしれないが・・・

回数券を活用する

回数券は通常区間が決まったものが多いが、区間が定められていないで、金額だけが定められている鉄道会社が存在する。たとえば、

・東京メトロ
・東急電鉄

などだ。
年末年始など、定期の損益分岐点となる約22日以下しか利用しない場合には、回数券を利用したほうが安く付く場合があるので要チェックだ。

Powered by
Movable Type 6.0.6