« 購入者レビューを閲覧できるようになりました | メイン

ふるさと納税で節税する

金利がほぼつかない中で、支出をできるだけ減らすためには、賢く節税することが重要。
今日は、ふるさと納税を利用した節税方法について。

ふるさと納税は、寄付金控除の仕組みを活用した節税方法である。
基本的には、ふるさと納税した分について、所得税、住民税より所得控除されるものであるが、
寄付金額 - 2,000円が寄付金控除になるので、ふるさと納税では、合計で2000円以上の価値があるお礼の品が受け取れる場合に活用したい。

自治体が5か所以内であればワンストップ納税という仕組みを使えるので、確定申告は不要。
(ただし、マイナンバーの通知が必要なので、面倒といえば面倒)

確定申告自体もインターネットを通じて申告書を作成することさえできれば、税務署での手続きはほとんどないので、
医療費控除の対象など確定申告対象の該当があるのであれば、ぜひ活用したい節税方法である。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.development-network.net/mt/mt-tb.cgi/1106

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)