« FX体験4日目 | メイン | FX体験5日目 »

ドロップシッピングで狙え!ローリスクハイリターン

ドロップシッピングという言葉を知っていますか?

ドロップシッピングとは在庫を持たずに商品を売る事ができるシステムです。
ほとんどのドロップシッピングが粗利率を自由に設定できます。

流石に原価1万円の商品を5万円で販売しても実売には繋がらないと思いますが…。

更に…ドロップシッピングでは、オリジナル商品も販売することができます。
例えばオリジナルキャラクターが印刷されたマグカップを作りたいとします。
従来のやり方だと、幾つ位売れるかなぁと予想を立てて仕入れて販売しますが、ドロップシッピングではキャラクターのデータだけを手元に持っておき、受注時点で初めて業者に発注するということができるのです。

在庫を持たずオリジナル商品が販売できるのは駆け出しのクリエイターには嬉しい話じゃありませんか?

さて、そんな素晴らしいドロップシッピングにも泣き所は存在します。
1.問い合わせは販売者が処理しなければならない。
つまり、余り知識のないものを販売すると問い合わせのメールに回答できない、もしくは現物を確認しなければならないなどのリスクがあります。

2.大量仕入れのメリットが享受できない。
一般的に大量仕入を行うことで商品単価は下がっていくもの。ところがドロップシッピングは受注の度に仕入れることになりますので、大量仕入れができる在庫を持つスタイルのWEBショップなどに比べると粗利率が低くなります。

3.決済の手間がかかる。
ドロップシッピングでは自分で決済をする必要があります。アフィリエイトに比べると手間がかかるということです。

4.自分の名前を出さなくてはならない。
サイトに特定商取引法必要がある為、法人でない限りは必ず個人名を明記することになります。

5.返品を買い取る必要がある場合も…。
業者によっては返品された商品は買い取らなくてはならないところがあります。これは恐ろしい。
これは業者をよく選ぶことで回避できますね。気をつけてください。


はい。まとめます。

ドロップシッピングとは…在庫を持たずに商品が売れる仕組み
メリット
・ 在庫を持つ必要がなく、気軽にはじめることができる。
・ 売れるサイトを作ることができればアフィリエイトより断然稼ぐことができる。
・ オリジナル商品など、どれ位売れるかわからないけど売りたい商品を販売する事ができる。

デメリット
・ 問合せ対応、決済の手間がかかる。
・ 自分の名前を出す必要がある。
・ 粗利率はそんなに高くない。
・ 業者をよく選ぶ必要がある。

色々と調べた結果、市場はまだまだ大きくないと分析している方が多かったです。
はじめるなら今!と言えるかもしれませんね。

どんなビジネスもリスクあってのリターンです。
アフィリエイトよりもリターンはありますが、相応のリスクも抱えなければならないのがドロップシッピング。
とは言え、小売店を作るよりはぐっとハードルが低い面白いシステムです。

実は筆者以前から興味はあったのですが、未経験のサービスなので、早速登録して、試しにひとつサイトを作ってみたいと思います。その際はまた色々とご報告できると思いますのでお楽しみに。

明日はドロップシッピングのシステムを提供している業者を見ていくことにしましょう。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.development-network.net/mt/mt-tb.cgi/450

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)