« 【11/21】デイトレード成績 | メイン | 今年の不調の原因とは?? »

毎月の余剰金額に合わせた投資方法とは?

投資は分散を行ってこそリスクヘッジできる。そこで、毎月の余剰金額にあわせて投資方法を選択したい。たとえば、このようなものはどうだろうか?


  • 毎月1万円あまる場合・・・投資信託を1万円分買う

  • 毎月2万円あまる場合・・・投資信託 + MMF(外債)を1万円ずつ買う

  • 毎月3万円あまる場合・・・投資信託 + MMF(外債) + 株式(ミニ株)を1万円ずつ買う


日本の人口は減る一方で、今までのように預金をしておいたり、株式投資をしておけば勝手に値上がりするといったことはもはやない。日本円で預けておくことがリスクである可能性もあるので、外債やFXなども検討したほうが良いだろう。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.development-network.net/mt/mt-tb.cgi/306

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)